コワーキング 文京区

ビジネスを新しく始めるなら文京区のコワーキングスペースを活用しよう

コワーキングスペースを活用しよう

現代社会では情報通信技術や情報ネットワークが進化しており、パソコンとインターネット、携帯電話等のモバイルがあれば、何処にいても仕事が可能です。
かつてはビジネスをするなら東京などの都会というのが基本でしたが、情報通信技術や情報化社会の進展により、地方の田舎であっても、自宅などをオフィスとしてビジネスを立ち上げることが可能になりました。
仕事の受注も納品も、メールやインターネットを通じて行うことができ、場所を選ばない仕事が可能なのです。

もっとも、ビジネスが順調に軌道にのり、ある程度、規模が拡大されてくると、やはり、東京の重要性が高まってきます。
仕事を得るための営業はもちろん、取引先やクライアントとの交流を深めるためなどに東京に出張する機会も増えてくるのです。
こうなってくると、東京にサテライトオフィスを設けるケースも増えてきます。

本社は地方にあっても、東京事務所を置き、事業の規模に応じて1人から数名のスタッフを常駐させて顧客対応にあたらせたり、週に1度程度、東京に出て対応にあたるといった形態をとることになります。
あくまでも本社は地方にあり、ここはサテライトオフィスにすぎませんから、大きなコストを投資して事務所を借りると、収益を圧迫してしまいます。
そのため、いかにコストを抑えつつ、顧客の要望に応えたり、仕事を得るための情報収集や営業ができるかがポイントになります。

そこで、人数がある程度いればレンタルオフィス、月に何度か出張したりといったケースであればコワーキングスペースを利用するという方法が考えられます。
東京の中でも、地方からのビジネス利用で近年人気があるのが文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)です。
文京区は東京六大学をはじめ、19もの大学が居を構える文教地区として昔から有名です。
アカデミックで洗練された環境が整っているうえ、東京都23区のほぼ真ん中に位置し、JR線や地下鉄、路線バスなどのインフラ網も整っていて、取引先に出向いたり、営業の拠点とするにも便利です。

コワーキングスペースには、ワーキングスペースや電源、無線LAN、コピー機やミーティングルームなど、仕事に必要な環境はほぼ整っているので、パソコンと携帯電話さえ持ち込めば、気軽に仕事を始めることができます。
これに加えて、コワーキングスペースで独自のサービスとして提供される、バーチャルオフィスサービスを利用すれば、東京営業所を開設して、そこに届いた郵便物や電話を地方の本社宛てに転送してもらうことも可能です。