コワーキング 文京区

フットワーク軽く仕事がスムーズにこなせる司法書士を目指すなら文京区

studio geeks(スタジオギークス)

仕事がスムーズにこなせる司法書士を目指すなら文京区

司法書士になるまでには、長い時間や努力をかけて知識を備え、国家試験を受験して合格しなければなりません。
資格を取得したから直ぐに独立開業できるわけではなく、一定の費用を支払って実務研修を受け、司法書士会に登録料を支払って初めて、事務所を設けることが可能となります。
事務所を構えるまでの間に多額の費用がかかるため、事務所を借りる費用を用意できず、独立開業をあきらめて、事務所に勤めることを選択する人もいるほどです。
ですが、自分1人で自由に働けることに魅力を感じて士業を志す人も多いため、低コストで事務所を持ち、働きやすい環境を整える方法を知っておくと有利になります。

1つには自宅を事務所にして、活動拠点は法務局にも近い文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)
にあるコワーキングスペースを活用する方法があります。
自宅ですから、事務所を用意するための新たな費用は発生しません。
一方で、自宅が地方にあったり、交通の便の悪い場所にあるのであれば、実際の仕事場は利用料金が安く使い勝手のいい文京区のコワーキングスペースを利用するのです。
もう1つの方法としては、文京区にあるレンタルオフィスを借り、そこを事務所兼仕事場とすることです。

レンタルオフィスは、一般的な賃貸オフィスを借りるより、低コストで借りることが可能です。
一般の不動産賃貸と異なり、敷金や保証金などが必要ありません。
家賃にあたる、月々の利用料だけ支払えばよく、そのうえ、仕事に必要な設備もほとんどが用意されます。
レンタルオフィスには、デスクやチェア、ロッカーなどの最低限必要なオフィス家具が室内にセットされ、高速インターネットも利用できる環境が整います。
こうした基本設備は利用料に含まれるので、賃貸オフィスを借りる場合と異なり、オフィス家具等を購入して運び込む手間も費用も省くことができます。

また、共用の大型コピー機が用意されたり、来客時に使えるミーティングルームなども用意されて、低料金で借りられるため、賃貸オフィスを借りる場合と比べて初期費用もランニングコストも抑えながら、便利で快適に仕事をする環境が整えられます。
レンタルオフィスでは受付でコンシェルジュサービスを提供しているところも多く、留守中の電話対応や郵便物や宅配便等の管理、来客の案内などをしてくれます。
秘書やアシスタント的な位置づけのサービスが受けられるので、1人きりで独立開業する方でも、サービスを上手く活用すれば、フットワーク軽く仕事に集中できるのです。