コワーキング 文京区

ライティングの仕事場として文京区のコワーキングスペースが人気の理由

コワーキングスペース studio geeks(スタジオギークス)

ライティングの仕事場として文京区のコワーキングスペースが人気の理由

ライティングの仕事をする人の多くは、企業に所属せず独立して働くフリーライターであったり、最近ではインターネットの普及により主婦をはじめとして、やはり企業に属さない在宅ワーカーのライターも増えてきました。
ライティングの仕事も幅広く、たとえば、新聞や雑誌、フリーペーパーなどの記事を自ら取材して執筆する記者やライター、コラムニストなどがいます。特に近年は各地でフリーペーパーが発行され、人気を集めています。

フリーペーパーの編集部は主に、雑誌を作る広告収入を得るための営業部隊と、冊子のデザインや編集部隊に分かれており、中身の記事の部分については、外部のライターにアウトソーシングするケースが多く見られます。
こうした雑誌のライターは、たとえば、グルメ記事や旅行記事の場合、自ら実際に足を運んで取材をし、その内容を自宅やコワーキングスペースなどの作業スペースを使ってパソコンでまとめ、メール等に添付したり、専用の報告フォームを使って送信します。
文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)は昔から出版社や印刷会社の多いエリアで、大手印刷会社を囲むように、中規模から零細規模の様々な出版社等が建ち並んでいます。
雑誌などから仕事を請け負うライターの多くは、こうしたところから仕事の依頼を受けるケースも少なくありません。
仕事自体は外部で行えても、記事の依頼を受ける際等には打ち合わせで企業を訪れる機会もあります。
そのため、取引先と近い文京区内にあるコワーキングスペースはライティングの仕事をする人たちには特に人気があります。

一方、インターネットの普及とともに増えてきたのが、ウェブライターやブログライターと呼ばれる職業です。
サイトに載せるコラム記事や情報記事、メルマガ等の執筆を担当するほか、SEO対策のためのブログ記事の作成などを請け負っています。
コーディング作業など一部、専門知識やスキルを要する仕事の依頼もありますが、たいていの仕事は特に専門的な知識がなくても、情報検索力と理解力、文章力があれば挑戦できる仕事です。
そのため、家事や育児と両立させながら仕事をする人や、職場での制約された環境が苦手という人が在宅で仕事を始めるケースが増えています。
もっとも、ずっと自宅で単調な作業をしていると煮詰まることも多いため、こうした人たちも、文京区のコワーキングスペースなどに出向いて仕事をすることがあります。
いずれも、パソコンとインターネット環境さえあればできる仕事であるため、その設備が整ったコワーキングスペースはベストな環境といえます。