コワーキング 文京区

低コストで利用できる貸し会議室を文京区で借りよう

低コストで利用できる会議室を借りよう

ベンチャー企業やSOHOオフィス経営者、フリーランスで仕事をしているという場合、オフィスのスペースが狭かったり、コワーキングスペースを利用しているなど、人を呼んでの打ち合わせ等をする場所がないケースが多々あります。

取引先との打ち合わせや、取引先やクライアントなど人数を集めてのプレゼンテーションなどで、場所を用意しなければならないという場合、文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)の貸し会議室を借りる方法が考えられます。
貸し会議室はそのスペースだけが単独で存在するよりは、レンタルオフィスやコワーキングスペースに併設されたものを、その利用者をはじめ、外部の人に必要に応じて貸してくれるものです。
借りる際には法人または個人で申し込みますが、その貸し会議室によって利用規約が設けられています。
また、ボランティア団体やNPOやNGOなども利用することができます。
個人の場合は事業主やビジネス利用に限られ、一般個人等は借りられないケースもあれば、町内会でのミーティング等やママ友の会で利用することができるケースもあります。

文京区での貸し会議室の利用は、基本的に1時間単位からできます。前後に利用者が入るケースがあるので、正味1時間で話し合いの目的を終え、部屋を出るまで完了させなければなりません。
次の利用者がいる場合には延長がききませんが、もし利用者が入っていない場合、時間がもっとほしい場合には延長料金を支払って延長も可能です。
文京区という立地は都心のほぼ真ん中にあり、JR線をはじめ地下鉄や路線バスの利用も便利なため、借りた場所を初めて利用するケースでも、会議参加者がアクセスしやすいのもメリットです。
日頃の業務で忙しい中、外部のスペースに足を運ぶのですから、交通の便はいいに越したことはありません。
貸し会議室にはデスクとイス、ホワイトボードにマジックといった基本ツールが揃っています。

また、プレゼンテーションをする場合や、資料などの閲覧をスクリーンでしたい場合にはスクリーンやプロジェクターのレンタルも可能です。
外部の利用者の場合は、資料等はあらかじめ作成して持ってくるのが基本となるものの、レンタルオフィス内には大型コピー機もあり、有料での利用が可能です。
自宅のプリンタや小さなコピー機に比べると、オフィス用のコピー機であるため、高速印刷や品質のいい印刷が可能です。
ビジター利用の場合なら、事前にコピー機を利用できるか確認をとり、会議時間前に早めに入って資料を作成することも考えられます。