コワーキング 文京区

初めて事務所を借りるなら文京区のスペースレンタル

エントランス studio geeks(スタジオギークス)

スペースレンタル

独立開業して事業を始める場合に、どうすべきか迷うのが事務所です。個人事業主として働くのであれば、自宅でもかまいませんが、法人形態をとる場合には本社の所在地を法人登記する必要があるため、果たして自宅でいいのか迷います。

今の時代は資本金1円、社員兼社長1人でも法人設立が可能なため、従業員を雇うほど規模が大きくなるまでは、自宅を拠点にしても問題はありませんが、信用力の点からいえば、いわゆるオフィス街にあるほうが望ましいといえます。もっとも、事務所を借りるとなるとお金が必要になります。家賃も高いうえ、借りる際に保証金として、家賃の3ヶ月分ほどの一時金を払わねばなりません。事業の運転資金や事務経費だけでも、お金がかかる中で、事務所を借りるとなると、初期費用が大きすぎ難しいケースが少なくないのです。そこで、検討に入れたいのが文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)のレンタルオフィスや、コワーキングスペースのレンタルです。

一般的なビルのテナントは、オフィスの運営に必要なものは全てオフィス内に自分たちで用意しなければなりません。ですが、レンタルオフィスの場合は、デスクやイス、ミニキッチン等が設置され、インターネットも接続が可能です。コピー機や休憩スペース、ミーティングルームなどが共用施設として用意されます。保証金等も不要で、月々のレンタル料さえ払えば、その日からでもすぐに仕事がスタートできるのです。コワーキングスペースも、共用設備が整っている点では同じですが、もっと気軽なスタイルで、仕事場は1つのテーブルのイス1つ分のスペースが割り当てられたり、同じ部屋の中に複数のデスクが並べられ、間仕切りで仕切ってスペースを借りる形となります。そのため、1人で仕事をするフリーランスの方や、SOHOスタイルで仕事をしたい人、在宅ワーカーなどに向いています。利用料は月額で払うコースと、時間単位で払うスポット利用のコースがあるのが一般的です。

文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)にはこうした気軽にオフィススペースを借りられるところが増えており、借りたスペースを事務所のアドレスとして登録することも可能です。文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)といえば、東京の都心の一等地にあり、有名大学や企業のオフィスもあって、信用力は高いエリアといえます。事務所のアドレスとして信用力が確保でき、かつ、交通の便もいいので、オフィスに通うにしても、取引先を招いてミーティングルームでミーティングをするにしても便利です。