コワーキング 文京区

利用料金に含まれる文京区のコワーキングの嬉しいフリードリンク

利用料金に含まれるコワーキングのフリードリンク

パソコンさえあれば、いつでも仕事ができる環境を提供してくれる文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)のコワーキングスペースには、基本料金とそれ以外のオプションサービスや有料サービスに支払う料金があります。
基本料金は月額会費または年会費、ドロップイン利用の場合の時間単位の利用料が挙げられます。
文京区のケースでいえば、月額会費の相場は12,000円から15,000円前後、年会費の場合は割引が適用されて2,000円程度安くなります。
また、ドロップインのようなスポット利用の場合は、2時間で500円から1,000円程度からが相場です。

この基本料金の中には、席や作業スペースを利用する料金、料金がかからない共用施設を利用する料金のほか、高速インターネットの使用料、パソコンや携帯電話の充電を行う電源の光熱費、そしてフリードリンクなどが含まれています。
そのため、インターネットの利用の有無や電源利用の有無にかかわらず、基本料金とは別にインターネット利用料や電気代を請求されることはありません。
これは、個別に請求される一般の賃貸事務所やレンタルオフィスとは異なる点です。

また、フリードリンク制を採用しているところが多いのもメリットで、飲み物をコンビニで購入したり、カフェでドリンクをテイクアウトするコストを抑えることができます。
カフェのコーヒー1杯の料金で、ドロップイン2時間が利用できるわけですから、お得感があります。
文京区でどのようなフリードリンクが利用できるかは、そのコワーキングスペースによって異なります。
今トレンドのウォーターサーバーを設置し、自由に飲み放題というところもあれば、ホットやアイスの緑茶やコーヒー等がサーブされる給茶機を設置しているところ、コインなしで無料利用できる自動販売機を設置しているところもあります。

また、会社の職場でよくあるように、ポットやお茶のティーバック、ドリップコーヒーやコーヒーメーカーが用意されていたり、冷蔵庫にボトルの飲料が置かれ、セルフサービス方式で自由に飲めるといったスタイルのところもあります。
また、中にはカフェサービスがあり、専門のスタッフがコーヒーや紅茶、ドリンクなどを作って提供してくれます。
こうしたカフェが設置されているところは、コワーキングスペースの利用者以外も利用できるオープンなカフェであったりしますが、利用者は特別に1杯まで無料とか、低料金で利用できる特典が設けられます。軽食なども利用できるのもメリットです。