コワーキング 文京区

文京区でオフィス賃料節約ならコワーキングスペースの物件

オフィスの賃料節約ならコワーキングスペース

東京都文京区は、区内を南北に、東端には東京メトロ千代田線、中央やや東には南北線、やや西には都営三田線、西端には丸ノ内線や一部有楽町線が走っており、都心部の千代田区への主要駅へのアクセスも良く、また千代田区、中央区、港区、新宿区の都心4区よりは賃料も安価なことから、SOHOなど個人事業主にも人気の地です。
こうした起業家の多くは、マンションの一室を利用しています。
また、他のエリア同様、シェアオフィスとしての物件も少なくありません。

シェアオフィスとは、業務スペースだけは独立したスペースで、応接室や会議室、FAXやコピーなどのオフィス設備、はたまた受付などを共有するというものです。
しかし、一人で運営するSOHOの事業主に取って、どの形態も孤独の中で仕事をするというものでした。
そこで、昨今、職務中の交流を増やそうと生まれたのがコワーキングスペースの物件です。
シェアオフィスと共有スペースは同じですが、決定的にコワーキングが違うのは業務スペースも共有になります。
他のSOHO事業者住人との垣根がなく、例えばカフェや豪華ホテルのロビーのようなオープンなスペースで仕事をするというものです。
無論のこと、シェアオフィスよりもさらに安価な賃料というのも魅力でしょう。
自社のコンフィデンスレベル、つまりは極秘事項は自分で管理しなければなりません。
ただ、孤独のなかで仕事をするのではないため、それがしいては仕事のモチベーションになりえます。

最も良いのが、コンフィデンスレベルが絡む業務そのものの内容でなく、事業主としての企業の運営のための情報交換ができることで、経理や税務などのノウハウの伝達が可能です。
文京区内でも、こうしたコワーキング物件が増加しています。
タイプは完全にデスクポジションもフリーで、きた人が開いているスペースを使うものから、デスク位置だけは固定で利用できるもの、さらにはパーティションで区切られただけのものなどに分けられます。

こうした物件は、大抵の場合、一般的な地域や広域の不動産業者では扱われていません。
一部の都内各所にこうしたコワーキングスペースを展開している業者を当たるというのも一手です。
また、シェアオフィス用に立ち上げられた一部のポータルサイトでもこうした物件検索ができるものも登場しています。
また、契約形態は、1か月とかマンスリーだけでなく、1日単位や時間貸しタイプのものも登場していますので、SOHOでも外回りが多い、出張が多いという方にもオフィス家賃節約の観点から適しているといえるでしょう。