コワーキング 文京区

文京区の税理士のビジネスチャンスはコワーキングやレンタルオフィスにあり

税理士のビジネスチャンスはコワーキングやレンタルオフィスにあり

文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)内には気軽に仕事場にできるコワーキングスペースや、オフィス家具やオフィス機器が用意され直ぐにビジネスがスタートできる、低コストのレンタルオフィスが続々と増えています。
こうした場所を利用するのはどんな人かというと、まず、コワーキングスペースの場合は、取引先訪問の合間に調整時間が発生する営業職や、顧客訪問が多いシステムエンジニア等のほか、企業に属さず働くフリーランスや在宅ワーカーといった人たちがいます。

一方で、レンタルオフィスの場合は、これから起業を目指す準備段階にある人や、起業したばかりの経営初心者、そして、ベンチャー企業や小規模ながらも成長が望める企業などが挙げられます。
コワーキングスペースには会社員やフリーターといった勤務先から給料の支払いを受ける給与取得者もいますが、中には本業のほか、コワーキングスペースを使って副業をしている人もいます。
また、フリーランスや在宅ワーカーの多くは事業所得がある、個人事業主となります。
2ヶ所以外から給与収入がある場合や、副業による収入が年間20万円を超える場合の給与所得者や、個人事業主は収入と必要経費を計算して確定申告をしなければなりません。
これまで勤務先に源泉徴収を任せていた人や、初めて確定申告をする人にとって、税額計算の方法は理解するまでがかなり難しく厄介なものです。

そこで、文京区で税理士をされている方のビジネスチャンスとして、コワーキングスペースのセミナールームを借り、確定申告の方法や節税対策についてセミナーや、書類作成のワークショップなどを開催すれば、多くの参加者が期待できます有料としてセミナー料を得るほか、税理士として個別相談などへも繋がることが期待できます。
一方、レンタルオフィスの場合は、個人事業主もいますが、法人形態をとっているケースが少なくありません。
法人の場合、ある程度の規模になると顧問税理士をつけ、税金対策について相談したり、税金の計算や申告書類の作成を依頼することになります。
ですが、レンタルオフィスを借りている、スタートしたばかりの企業や零細企業などは、まだ相談できる税理士がいません。
そこで、レンタルオフィスを営業回りする方法もありますが、セキュリティーが厳しいうえ、営業スタイルは敬遠されます。
レンタルオフィスのミーティングルームなどを借りて、無料で税務相談会などを開催すれば、将来の顧客獲得につながります。