コワーキング 文京区

独立開業したら文京区で顧問税理士のサポートを得るのも得策

独立開業したら文京区で顧問税理士のサポートを得るのも得策

文京区(主要な駅は、本郷三丁目駅、春日駅、後楽園駅、東大前駅などがあり、周辺には上野駅、御茶ノ水駅、水道橋駅などがあります)にはレンタルオフィスやコワーキングスペースが多数あり、リーズナブルな利用料を支払って仕事をできる環境を整え、独立開業を目指す人が増えています。
レンタルオフィスは、オフィススペースを借りるというよりは、オフィスそのものを借りるもので、デスク等の基本的なオフィス家具が用意され、利用者が共用で使える大型複合機なども用意されています。
そのため、レンタルをしたその日から直ぐに仕事をスタートできます。

一方、コワーキングスペースは仕事にも人間関係としても全く関連性のない個々人が、1つのオフィススペースをシェアする形態をとります。
こじんまりとアットホームで開放的な室内に、大きなテーブルとテーブルを囲んでイスが並べられており、好きなところに座って、持ち込んだパソコンで仕事ができます。
電源やインターネットは利用料に込みで、使い放題です。
個人事業主であるフリーランスとして独立して働く場合、毎年の収入と経費を計算して所得税の確定申告をしなければなりません。
一方、法人を設立した場合には、法人税の申告が必要になります。
いずれも、初めての場合は収入や経費の分類や税金計算の一連の流れを理解するのも大変で、スムーズにいかないケースが多くあります。
特に法人税の場合は、専門知識やノウハウがある経理や財務の実務経験がある人がいないと、その方面の知識がない経営者だけの力では失敗も少なくありません。

制度を詳しく知らず、税金の払いすぎで損をする一方、税制やルールを勘違いして過少申告をしてしまい、思わぬペナルティを受ける場合があるのです。
そのため、税金の支払いを確実かつ、節税をして有利に行うには、専門家である税理士と顧問契約を結ぶことも検討に値します。
顧問税理士になると、毎月定期的に帳簿のチェックや給与計算等のサポートを行ってくれたり、経営や税務に関するアドバイスをしてくれます。
そのうえで、決算時には税務申告書類を作成して、文京区の税務署に提出までしてくれます。

フリーランスの場合は、顧問契約とまではいかなくとも、確定申告にあたり、税務相談や書類作成のアドバイスを受けると間違いがありません。
相談料は税理士によって異なりますが、行政機関などで無料相談会も実施されているので、それを活用すればコストを抑えることができます。
なお、フリーランスの場合は、仕事場が文京区であっても、自分の住所地の税務署が確定申告書類の提出先になります。